次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

インドネシア スマラン観光を考察してみました

インドネシア

インドネシア スマラン観光を考察してみました
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

インドネシアのスマランは、中部ジャワの州都

スマランは、中部ジャワの州都であり、インドネシア5大都市のひとつでもあります。

オランダ統治時代には、インドネシア初の鉄道が敷かれ、交通の要所として栄えたスマランは、今でもヨーロッパ建築の建物が残るエリアがあります。

地元のジャワ人だけでなく、中国系、アラビア系と様々な民族が暮らしています。

ラワン・セウ

ラワン・セウは、オランダの東インド鉄道会社によって建てられました。

スマランはインドネシアで初めて鉄道が開通した場所で、当時は駅として利用されていました。

現在の、建物の1階は鉄道博物館になっており、鉄道に関する展示物を見ることができます。また、建物内部にある中央階段では、当時のステンドグラスを見ることもできます。

第二次大戦中は、日本軍がオフィスとして使用していた場所でもあるのです。

青年の塔

青年の塔は、ラワン・セウの目の前にあり、スマラン事件で犠牲となった青年たちが眠っている場所です。

スマラン事件とは、第二次大戦後の1945年10月に、インドネシアの青年たちと日本軍が衝突した事件で、インドネシアでは5日間戦争と呼ばれています。

その青年たちの遺骨が納めらえている青年の塔は、1952年に建設され、インドネシアの独立のために闘った青年たちの熱い精神を表しています。

中部ジャワグランドモスク

中部ジャワグランドモスクは、10ヘクタールもの広大な敷地に建っており、その広さとモスクの威厳ある建物に圧倒されます。

サウジアラビアにあるナバウィ・モスクをモデルに造られたと言われおり、モスク内部も広く約16,000人を収容できます。

モスク本館だけでなく、結婚式場やスマランの文化を学べる博物館、レストランも併設されています。また、展望台からはスマラン市が一眺することができます。

グドゥン・ソンゴ寺院

グドゥン・ソンゴ寺院は、ヒンドゥー教寺院の遺跡で、スマラン市内から車で約1時間の位置にある観光スポットです。

8世紀から9世紀の間に、中部ジャワを支配していたメダン王国によって建てられた、ジャワ島で最古のヒンドゥー教建造物と言われています。

ソンゴとはジャワ語で数字の「9」を意味しており、昔は9つの寺院が建っていました。

現在は、ウンガラン山の中腹に5つの寺院が点在しています。

寺院を回る道は整備されており、途中には温泉が湧いているスポットもあります。

徒歩で遺跡巡りをすると、1周2時間ほどかかる道のりを、馬に乗りながら回ることができるのでおすすめです。

パゴダ・アヴァロキテスバラ

パゴダ・アヴァロキテスバラは、スマラン市内から車で約30分の場所にある、中国の仏教寺院です。アヴァロキテスバラとは、サンスクリット語で、観音様を意味します。

この寺院の仏塔は、7階建て高さ45メートルあり、インドネシアで一番高い仏塔として知られています。

寺院内は平穏で落ち着いた雰囲気が漂い、スマラン観光の有名な写真スポットのひとつでもあります。

ブレンドゥック教会

ブレンドゥック教会は、1753年にオランダ人によって建てられた、ドーム型の教会です。

中部ジャワで、一番古いプロテスタントの教会で、スマランにあるオランダ統治時代の美しい建造物のひとつとして知られています。

教会の中には、建設当初から置かれているパイプオルガンが今も残されいます。

教会周辺のオールドタウンは、古いヨーロッパ建築の建物の街並みには、オシャレなカフェやレストラン、ギャラリーや3Dトリックアート・ミュージアムなどがあります。


海外ツアーは、信頼のあるJALPAKで


海外でのWifi利用は、グローバルWifiでレンタル

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
1
  • bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

月別アーカイブ

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録