Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

ラオス ビエンチャン 観光をまとめてみました

ラオス

ラオス ビエンチャン 観光をまとめてみました
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

ラオスの首都 ビエンチャン

ラオスは、東南アジアの中で唯一、海に面していない国です。

ビエンチャンは、ラオスの首都になります。

仏教寺院や遺跡などの文化財があり、ラオスの政治、経済の中心地でもあります。

国の70パーセントが山間部で、緑が非常に豊かなラオスは、観光客から注目を集めている国です。

かつてはフランス植民地で、今も古い町並みと並木道を見ると、その名残がしっかり残っています。

ビエンチャンの見どころ

パトゥーサイ

パトゥーサイは、フランスの凱旋門を模倣して作られています。迎賓館から伸びる、ラーンサーン通りに堂々とそびえ立っています。ラオス語で、パトゥーサイは勝利の門の意です。

1960年代に、戦没者慰霊のために建設が始まりましたが、完成間際に財政難に陥ってしまい未完成です。

しかし、それもまたラオスらしさがあると評判が高いです。下からパトゥーサイを見上げると、天井にラオスのモチーフを見ることができます。

朝8時から夕方の5時まで、門の上部に登ることができ、メコン川や水田、寺院などを含めた、ビエンチャンの街並みを一望することができます。


タート・ルアン

大仏塔タート・ルアンは、ビエンチャンのみならず、ラオス国内の寺院の中で、ひときわ存在感を放っています。

3世紀頃に始まり、石造りの仏塔には釈迦の骨や頭髪を納めたとも言われています。

1566年にセタティラート王によって、寺院の形を変えて再建されましたが、現在は北と南の寺院のみ残っています。

北の寺院は、ラオス仏教界最高の僧侶のお住まいでもあります。

タート・ルアンは、ラオスのシンボルとして愛されており、週末は国内から人々が参拝に訪れます。


ワットホープラケオ

ワットホープラケオは、1565年に建設された寺院で、王国の首都を、ルアンパバンからビエンチャンへと遷都する際、タイ、バンコクのエメラルド寺院の仏像を、安置する場所として建てられました。

シャム王国との戦争により建物は焼け落ち、エメラルド仏も持ち去られてしまったといいます。

ワットホープラケオが、フランスによって再建されたのは1836年で、現在では博物館として利用されており、ラオス国内の各地から集めた仏像などが展示されています。

建物は、大きな柱が本堂を取り巻く、ビエンチャンの伝統的なスタイルです。


ブッダパーク

ブッダパークは、ビエンチャンの郊外にあり、その特徴は、コンクリート製の仏像が多くあることで、当初、牢獄のような現世から、解放される癒しの公園として設計されました。

仏教とヒンドゥー教に傾倒していたブネラ氏によって建てられたため、ベトナムで仏教を学んだブネラ氏の独特の世界観が広がっています。

ブッダパークの見所は地獄の入り口で、中々衝撃的なものです。

中に入ると天上界、地上、地獄と3層になっており、最上階からブッダパークを一覧することができます。


ワット・シーサケット

ワット・シーサケットは、ビエンチャン最古の寺院で、1551年にセーターティラート王によって建立されたといわれています。

初期の寺院は、戦乱で破壊されてしまい、1818年に再建されました。

ワット・シーサケットの本堂に入ると、2000体を越える仏像に会うことができます。

建築様式は、赤い屋根とクリーム系の壁、そして軒に当たる場所の広縁をもつ、伝統的なビエンチャンスタイルです。


海外ツアーは、信頼のあるJALPAKで


海外でのWifi利用は、グローバルWifiでレンタル

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
1
誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

月別アーカイブ

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸