誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

カンボジア プノンペン 観光についてまとめてみました

カンボジア

カンボジア プノンペン 観光についてまとめてみました
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

カンボジアの首都プノンペン

プノンペンは、カンボジアの首都で、13世紀から一時期、クメール王朝の都として栄えた後、交易地として外国人訪問者が多い開かれた土地として発展してきました。

20世紀に入ると、フランス統治の影響が色濃く街並みに反映され、東洋のパリと称えられました。

1970年代の、クメールルージュ時代に起こった暗い過去を乗り越え、東南アジアの中でも発展著しい都市がプノンペンです。

プノンペンの見どころ

カンボジア王宮

現在も、国王と王妃が居住している場所として知られる王宮は、プノンペンの街の東側を流れるトンレサップ川沿いに位置しています。

1866年の建設当初は木造建築物でしたが、1919年に、現在のフランス様式となりました。

戴冠式などの公務が行なわれる黄金色の宮殿は、外観を眺めるだけでも見ごたえがあります。

また、即位殿の頂上付近もすばらしく、高さ59mのクメール様式の尖塔に配置された、大仏の頭部がとても特徴的です。


シルバーパゴダ

シルバーパゴダは、内部の見学が可能になっています。

現在は、床に絨毯が敷かれていますが、少しめくられている部分に注目すると、銀製のタイルが敷かれています。これが、シルバーパゴダの由来なのです。

エメラルド仏像や、純金の等身大仏像などが安置されています。

外部の壁面に描かれた壁画「ラーマーヤナ」は、東南アジア最大とも言われる、ヒンドゥー経の聖典のひとつです。


トゥールスレン博物館

トゥールスレン博物館は、ポルポト氏のクメールルージュ政権下において、政治犯収容施設として使われていました。

当時2万人が収容され、生きて出られたのはわずか8人。1976年からたった3年弱の出来事でそれほど昔のことではありません。

プノンペン中心にあった高校の教室や、トイレがそのまま拷問部屋や牢屋として使用され、その生々しい様子を日本語の音声ガイドを聞きながら見学することができます。

虐殺された人々の写真が壁に貼ってあるなど、目を背けたくなるほどの悲しい歴史が迫ってきます。

それでもカンボジアの人々が、外国人にも公開している以上、プノンペンを訪れる観光客として負の歴史をよく知ることが必要なのです。


キリングフィールド

プノンペン市内から、およそ14kmほど南へ進んでいくと、大きな慰霊塔が見えてきます。

そこが、クメールルージュにより大量虐殺が行われた場所、キリングフィールドです。

プノンペン市内の、トゥールスレンに収容されていた人々の処刑場で、正式にはチュンエク大量虐殺センターと呼ばれています。

この場所で、2万人もの人々が虐殺され埋められていきました。

あちこちにあるくぼみは、その遺骨を回収した跡で、今でも埋まっている骨や服が出てくることがあるそうです。

敷地内にある2本の巨木の内、1本はマジックツリーと名がついた菩提樹で、大きなスピーカーが下げられ、悲鳴や銃声をかき消すために大音量で音楽が流されていたといいます。

もう1本はキリングツリーで、子どもが頭を打ち付けられて殺害されていました。

この木には、カンボジア人や観光客が祈りを込めた、無数のミサンガが巻きつけられています。プノンペンの負の歴史を感じることのできる場所です。


カンボジア国立博物館

カンボジア国立博物館は、1913年に建設され、開館したのは1920年と長い歴史を持っています。

クメール様式で、赤を基調とした建物は、プノンペンの街にある建物の中でも特に美しいです。

絵画や仏像など、5,000点を超える展示物があり、入り口から年代順に展示されているので、時代の変遷を整理しながら鑑賞していくことができます。

カンボジア国立博物館は、王宮のすぐ北のプノンペン中心部に位置しています。


ワットプノン

ワットプノンは、プノンペン市内北部に位置していて、その昔メコン川で4体の仏像を見つけたペン婦人が、仏像を安置した場所として知られています。

プノンペンで、最も古い仏教寺院のひとつで、小高い丘の上から街並みやトンレサップ川の流れゆく姿を一望することができます。

ワットプノンは、プノンペン市民だけでなく、カンボジア全土から信仰を集める寺院として、多くの参拝者が訪れる寺院となっています。


独立記念塔

1953年に、カンボジアはフランスから独立しました。

これを記念して、1958年にこの独立記念塔が建てられました。

塔の周囲にはナーガが配置され、カンボジア最大の観光地であるアンコールワットをイメージしたとも言われています。

夜になると、塔がライトアップされ周りには屋台が並びます。

また、週末のライトアップは趣向を凝らした演出で、プノンペンの夜の観光名所となっていますす。

独立記念日である11月9日は、毎年戦没者の弔いのため、セレモニーが開催されます。


ワットウナロム

ワットウナロムは、プノンペン市内の王宮にほど近い場所に位置し、トンレサップ川に面して建っています。

大きな僧侶の像と、その両脇に立つゾウに出迎えられ、中に入ると背後には立派な本堂が構えています。

門や壁に施されたクメール様式の装飾は、細部まで丁寧に作りこまれていて見ごたえがあります。

本堂の金色に輝く屋根は、とてもきれいで、かつ重厚な造りとなっています。


海外ツアーは、信頼のあるJALPAKで


海外でのWifi利用は、グローバルWifiでレンタル

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
1
誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

月別アーカイブ

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう